新型ジムニーにバッ直

1544516730945.jpg

新型ジムニーです。
20年ぶりのモデルチェンジでバッテリー周辺が気になったので調べてみました。

やはりこの車にもついていましたバッテリーセンサー。
バッテリーへの電気の流れを監視し、ダイナモの発電をコントロールすることで燃費の向上を図ります。

ジムニーはマイナス側にセンサーがありました。

1544516725174(2).jpg

ジムニーでバッテリーから直接電源を取る場合は、
バッテリーに返ってくる電気の総量をセンサーが見ているので、マイナスケーブルをセンサーから見て車体側に接続します。

ボディーに固定してあるケーブルと共締めになります。
1544516734143(1).jpg

こっちのペンで指しているところはセンサーを通ったあとになるのでNG
1544516719550(1).jpg


プラス側にはヒューズがついているので、ヒューズよりもバッテリー側へ接続してください。
ここか
1544516727353(1).jpg

こっち
1544516725174.jpg

こっちになるとヒューズよりも下流になるのでNG
1544516721678(1).jpg

無線機の使用頻度にもよりますが、ハードな使い方をすると充電に影響が出る場合があるので注意したいところです

コメントの投稿

非公開コメント