アンテナを建てます 4

アンテナ設置の準備を進めています。

馬の固定金具にはLアングルをカット、穴あけ加工をして塗装をしましたものを使います。
  

アンテナを建てます 3

今日は3連休の最終日。
相変わらず暑いですね。

今回はタワーの上に設置するアンテナを仮組みをしました。
アンテナは クリエート・デザインのビームアンテナ218H 

講習会場を使って仮組みをしましたが、
思いのほかでかい!

大きすぎるので、完全な仮組みはできませんでしたが、部品点数・組み立て手順なの確認をしました。

  

アンテナを建てます 2

アンテナ設置の準備を着々と進めています。
ひとまず地上で仮組みをして、部品の不具合がないかを確認します。

長い・・・。

室内では起こすことができないので寝かせた状態でくみ上げて、
すべてのパーツの確認ができれば、外に出して地上で設置のテスト。

その後、ばらして屋上へ持って行きます。
 

アンテナを建てます 1

店舗屋上に現在3本アンテナがありますが、4本目のアンテナを準備中です。

ベースの馬はクリエート・デザイン。
ローテーターはヤエスのG-800。
ベアリング ヤエスGS-065.
ジョイント GA-2500。
 

その他の資材は現在準備中です。

大きな魚の骨

駐車場で作業している姿を見て「なにこれ?」と聞かれ、
「無線のアンテナです」と答えるととても驚かれましたが、
これもアマチュア無線のアンテナです。

 


一見すると大きな魚の骨ですが、
クッシュクラフト社製の430MHz用の19エレ八木アンテナを2列のスタック仕様にしています。
アメリカ製ということで、取扱説明書はもちろん英語でネジのサイズはインチ・・・
また、もともと1本で販売されているものなので、マッチングセクションは当店で作成しました。

大きな塔や屋根馬を立てて上部に設置すれば、より遠くの人と話ができるようになります。
ただ、グランドプレーンなどと違い電波を飛ばす方向が限定されますのでローテーターが必要ですね。

トラックで引き取りに来られるということで、ご注文いただいた品を組み立てていました。 
全長4.2mとなかなかの大きさです。