テールランプ電源取り出しハーネス作りました

普段、簡単な取付作業ならお受けしています。

そんな作業のひとつで、トラックの最後部にマーカーランプの取付けがよくあります。
スモールランプ連動がセット内容です。

このスモールランプ連動がなかなか大変。
テールランプの配線から分岐をとらないといけません。

P8135098.jpg
手順として
1、配線カプラーをテールから外し、加工可能な手元まで引き出す。
2、電圧テスターでスモールランプの配線をさがす。
3、配線をカット。
4、分岐用配線をハンダで結線。
5、防水処理。
6、引き出した配線を再固定。

この作業を左右でおこないますが、作業スペースが狭いので約30~40分ほどかかります。

もともと面倒くさがりなので、「どうにかしたい!」の気持ちだけで作ったのがコレ。
『トラック用リアポジション電源取り出しハーネス』
テールと配線カプラーの間に入れるだけ。

PC083589.jpg

使ったスタッフが一言「はや!」

DSC_2167.jpg

これでテスター、ハンダゴテ、防水用部品がなくても電源が取れます。
配線を傷つける事なく電源が取れます。
知り合いの車屋さんに「良いもの作った」と褒めてもらえました。


対応車種はイスズ・日野(現行車不可)
もしくは、JB LEDテール・小糸LEDテールがついている車
JBkoito.jpg

これからマーカーランプの取り付け作業をされる方にはおすすめです。
『トラック用リアポジション電源取り出しハーネス』は有楽庁オンラインショップでも取り扱っています。

続きを読む»

デジ簡ユーザーに朗報!

デジタル簡易無線を使って遊ばれている方に朗報です!

これでバッテリー切れを気にしながらの運用がなくなります!
商品名は「デジタル簡易無線機用USB電源アダプタ」 
メーカー:REPAIRFAN
市販のモバイルバッテリーを使って電源の供給を行います。
P5132825_-1024x542.jpg

使い方は電池型アダプタをセットして、付属のUSBケーブルをモバイルバッテリーにつなぐだけ。
PC093612.jpg

PC093613.jpg

使えるモバイルバッテリーの条件は
・USBが2ポートあること。
・両方のポートがそれぞれ2A以上あること。

推奨のモバイルバッテリーを使用すれば、従来の充電池よりも約5倍の長時間運用が可能になります。

対応ラインナップは
・UPI-226 アイコム IC-DPR5・DPR6用
・UPY-87 スタンダード VXD10・VXD20用
・UPA-41 アルインコ DJ-DPS70用
の3タイプ

PC093596.jpg PC093607.jpg PC093602.jpg

充電池は追加で買うと1万円以上します。モバイルバッテリーは普段使いでも役に立つ物。
なにより今までにない長時間使用できるのが嬉しい。

電池切れを心配して充電池を買い足すよりもこちらを絶対お勧めします。

こちらの「デジタル簡易無線機用USB電源アダプタ」は有楽庁オンラインショップでも取り扱っています。
UPI-226 アイコム IC-DPR5・DPR6用
UPY-87 スタンダード VXD10・VXD20用
UPA-41 アルインコ DJ-DPS70用

アイコム ID-31PLUS 発売

アイコム ID-31 がモデルチェンジしました。
その名も ID-31PLUS(430MHzデジタルトランシーバー GPSレシーバー内蔵)

  

これまでのID-31では周辺にレピーターがなければD-STARへの接続ができませんでしたが、
ID-31PLUSではアンドロイド端末やウィンドウズPCに接続することで、
ネット回線を通じてレピーターへアクセスできるようになりました。

これでD-STARがより身近になります。


サイズは手に収まりやすいサイズ58×95mm
25.4mmと薄いので片手での操作も楽にできます。

 
 
重さはハンディのなかでは軽量220g

 

表示は日本語で分かりやすくなっています。

その他、新しく追加された機能がたくさんあります。
D-STARを始めようとご検討中であれば、こちらの機種をお勧めします!

アイコム ID-31PLUS はオンラインショップでも取り扱っています。

アンテナ取り付け基台 SM-6

今回はお客様が駐車場で作業されているのを撮らせて頂きました。

イスズの現行大型車「ファイブスターギガ」
この車種は風防付きが多いようです。
 

困ったことにアンテナ基台を付けようにもルーフサイドがなく、
ドアミラーのステでは同軸が固定できません。

そこで風防を固定しているボルトを利用。
ボルトカバーが干渉するかと思いましたが、意外とすんなりついたようです。

アンテナ角度は基台を曲げて調整。
  
横面にはコネクターを通せるだけの隙間がないので、
同軸ケーブルをフロント側に振って、広い隙間から後ろへ引き込むそうです。
「さすがに風防を削るのはまずいよね~」とのこと。

使われていた基台 SM-6 はこんな形をしています。


ステの下にゴムパットが入っていたのでアンテナはノンラジアルが良いかと思います。
最近の車はどんどん取り付けが難しくなってますね。


こちらのSM-6は有楽庁オンラインショップでも取り扱っています。



刀でシフトノブ

トラック用品メーカー JETイノウエ から新しいシフトノブが発売されました。

それがこれ。
刀の柄(つか)をシフトノブにしています。


色は 赤・黒・青・紫・白 の5色 
長さが 150・200・260mm の3種類

 

商品名は 刀シフトノブ
それぞれの色ごとに名前がついています。
赤 信玄
黒 信長
青 謙信
紫 光秀
白 殿様

・・・殿様?



基本デザインは共通で柄巻の色が異なります。
内側は鮫皮模様。 鍔、柄頭、目貫飾りも雰囲気がでています。
  

  


取り付け可能ネジ寸法は 12×1.25 と 10×1.25
(10×1.25の場合は付属のアダプターを使用します。)

先に付属のナットをシャフト側に入れて、シフトノブを入れます。
シフトノブの向きが決まればナットを締め上げて固定します。


刀剣好きにはたまらない一品。
これで貴方も戦国武将。

刀シフトノブは有楽庁オンラインショップでも取り扱っています


殿様・・・?